自然素材でリフォームについて

自然素材がなぜ、今、注目されるのか?

画像の説明

戦後、高度成長の日本では、建物を量産する必要があり、建材、資材や工法が工業化され「早く、簡単に、」を合言葉に誰にでも建てられる建築を進めて来た結果、接着剤や塗料などを多用し、含まれている有害化学物質が様々な体調不良や慢性病(シックハウス症候群)を引き起こしているといわれています。
また、建築廃材の処理問題などは大きく将来に向けての課題として山積されております。

そこで最近では、可能な限り自然素材を採用するという、考え方が定着しつつあります。
守ってくれるはずの住宅で病気になり、殺されるという事態から抜け出す、住みながら健康を維持できる快適な環境作りをはじめてみませんか。

F☆☆☆(エフ・スリースター)建材を使えば 安全?